uchan note

プログラミングや電子工作の話題を書きます

【技術書典2】Linuxカーネルモジュール自作入門を出します(ダウンロード販売有)

皆さんは 技術書典2 というイベントをご存知でしょうか。2017年4月9日に秋葉原で開催される、技術書オンリーの同人誌即売会です。

この記事では、技術書典2のために書いた Linuxカーネルモジュール自作入門」 の目次をご紹介します。最後にダウンロード販売のお知らせもあります。

追記:おかげさまで、技術書典2自体も私たちのブースも非常に盛況でした。ご来場いただいた方々、運営の方々、他サークルの方々、大変ありがとうございました。ダウンロード販売のお知らせを更新しましたので、興味のある方はご確認をお願いします。

販売情報

  • 日時 2017年4月9日(日)
  • 場所 アキバ・スクエア
  • ブース き-09「tech@サイボウズ式」編集部
  • 書名 Linuxカーネルモジュール自作入門
  • ページ数 36(表紙含む)

目次

第1章「はじめに」より:

 本書を手にとって頂いてありがとうございます。この本はLinuxカーネルモジュールのビルド手順を説明する本です。Hello Worldを画面に表示するだけのモジュールを紹介します。さらに、カーネルブレークポイントを仕掛けるkprobesやカーネル内の変数を公開できるsysfsというLinuxの機能を自作モジュールから使ってみます。

 読者は基本的なLinuxの操作ができ、C言語の読み書きができることを前提としています。Linuxカーネルソースコードは読んだことがなくても大丈夫です。

  • 第1章 はじめに
    • 1.1 Linux カーネルモジュールとは
    • 1.2 動作確認環境
    • 1.3 著者について
    • 1.4 本書の取り扱い方法
  • 第2章 Hello World モジュール
  • 第3章 モジュール解剖
    • 3.1 カーネルヘッダ
    • 3.2 module 構造体
    • 3.3 モジュールファイル
    • 3.4 モジュール情報セクション
    • 3.5 シンボルバージョンセクション
  • 第4章 kprobes
    • 4.1 プローブの種類
    • 4.2 jprobe の登録
    • 4.3 コールバック関数の定義
    • 4.4 jprobe の実験
    • 4.5 全体ソースコード
  • 第5章 sysfs
    • 5.1 sysfs を覗いてみる
    • 5.2 sysfs に値を公開する
    • 5.3 コールバック
    • コラム scnprintf
    • 5.4 sysfs への登録
    • 5.5 ビルドと実行
    • コラム echo とdd
  • 参考文献

ダウンロード販売

同人誌即売会の雰囲気を大事にしたいので、当日ブースまで来ていただけると嬉しいです。しかし、何らかの理由により来られない場合、ダウンロード販売もしますのでご利用ください。

ダウンロード販売は、Amazonギフト券500円分を @uchan_nos までDMしていただければダウンロードURLをお教えします。